1. TOP
  2. サプリメント
  3. 「リフレのDHA&EPA」で記憶サポート!【リフレのDHA&EPA口コミレビュー】

「リフレのDHA&EPA」で記憶サポート!【リフレのDHA&EPA口コミレビュー】

最近、記憶に自信がない。
生活習慣の乱れが気になる。
そんなお悩みありませんか?
例えば、
「うっかり」や「ぼんやり」が増えてきた。
「うーん。名前が出て来ない。誰だっけ…?」
「健康診断の数値が気になる。。」
「魚よりもつい肉ばかり食べてしまう。」
これに当てはまる、またはこれに似た症状があるという方。
そんなあたなは「DHA・EPA」が不足しているかもしれません。
記憶や生活習慣に対しての不安があるなら、「リフレのDHA&EPA」がオススメです!

「リフレのDHA&EPA」って?

「リフレのDHA&EPA」は、記憶のサポートと血中中性脂肪の低下に役立つ機能を持つサプリメントで、DHA・EPAが配合された機能性表示食品です。

DHA900mgを24週間以上の継続摂取で記憶機能に有意な効果が見られ、またDHA・EPAを860mgを3ヶ月摂取した場合も中性脂肪低下作用が期待できるという研究報告がされています。

DHA・EPAは体内で作ることのできない必要な成分なので一度にたくさん摂るより毎日コツコツ継続いただくことで健やかな毎日を過ごすのに役に立つサプリメンです。

DHAとEPAって?

DHAって?

DHAが注目され始めたのは1989年、イギリスの研究者が日本の子供たちの知能指数が高い理由として、魚を食べる習慣が深く関わっていることを取り上げたことがきっかけで世界的に注目されました。

DHAとは、Docosahexaenoic Acidを略したもので、正式名称ドコサヘキサエン酸と言い、主に魚の脂肪に多く含まれ、私たちの体に必要な必須脂肪酸のことです。

必須脂肪酸の「脂肪酸」とは、脂質をつくっている成分のことです。脂肪酸は、常温で固まりにくい「不飽和脂肪酸」と固まりやすい「飽和脂肪酸」のふたつに分類されますが、不飽和脂肪酸の中でも体内で合成できないため外から摂取しなければならないのが「多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)」で、その構造からオメガ3、オメガ6に分類されます。
n-3系多価不飽和脂肪酸に属する脂肪酸は、悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールを減らし、善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールを増やしてくれる作用が期待できる脂肪酸です。
脂肪というと悪いイメージがありますが、脂肪はわたしたちの体の細胞の原料やエネルギー源となり、さらにはホルモンなどの材料としても重要な役割を果たしています。

人間の脳は、水分を除くおよそ半分くらいが脂質といわれていて、そのうちの4~5%がDHAです。さらに、脳の中でも記憶や学習機能に重要な役割を果たす「海馬」には、他の部位の2倍以上のDHAが存在していると言われています。
DHAは脳を形成する重要な成分でありながらも、必須脂肪酸であるDHAは、体内ではほとんどつくられません。
そのため、DHAを含む食品などから摂取することが重要となります。

DHAを含む食品

DHAは野菜や豆類からも摂取できますが、特にイワシやサバといった青魚に豊富に含まれています。摂取量の目安としては、1日に1〜1.5g。脂ののったお魚を週のうち3回程度食べるのが望ましいとされています。

DHAの効果

DHAの効果は、中性脂肪の合成を抑えてくれたり、脳や神経組織の機能に関わっていたりする働きがあります。
脂肪酸合成に関わる酵素の活性を低下させる作用があることから、脳血管疾患や虚血性心疾患、高血圧、動脈硬化といった疾患の予防や改善効果が期待できます。
また神経組織の発育や機能維持を助けてくれる働きからは認知症の改善も期待されている脂肪酸です。
その他にも、免疫力の向上やアレルギー抑制作用などの報告も挙げられています。

EPAとは?

EPAが注目を浴びたのは、1960年代にデンマークのダイアベルグ博士らが行った、デンマーク自治領であるグリーンランドのイヌイットの人々を対象に行った疫学調査でイヌイットの脳血栓や心筋梗塞による死亡率がデンマーク人よりもがはるかに低かったことがきっかけで注目されました。

EPAとはeicosapentaenoic acidの略したもので、正式名称エイコサタペンタエン酸と言い、DHAと同じく、体の健康に欠かせない必須脂肪酸のことです。
EPAは体内ではつくることができないため、食事などから摂取する必要があります。EPAを豊富に含む食品には、DHAと同様青魚があげられ、植物油や魚介類以外の動物油脂にはほとんど含まれません。

EPAを含む食品

主に青魚に多く含まれています。イワシ、サバ、アジ、サンマ、マグロ、カツオ、ハマチなどに多く、他にもアンキモやウナギなどにも含まれます。
特に普段、魚を食べることが少ない人は意識して摂取したい成分ですが、そのまま食べただけでは体内で酸化されやすいという弱点があります。よって、セサミンなどEPAを酸化から守るサポート成分とあわせて摂取することも大切です。

EPAの効果

EPAは、心筋梗塞や虚血性心疾患、動脈硬化、脳梗塞、脳卒中、血栓症高脂血症などの予防や改善に役立つことが明らかになっています。
また、アレルギー症状でもあるアトピー性皮膚炎や花粉症などの症状の緩和に効果があることもわかっています。炎症やアレルギーの原因になっている物質の量を低下する効果があると言われているのです。それ以外にも感染症を予防したり、精神を安定させる効果もあるとされています。
EPAとDHAはよく似ていて、どちらも血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる働きを持っていますが、大きな違いとしては、DHAは神経細胞の細胞膜を柔らかくしたり、脳、そして神経系に働きかける脳が必要とする栄養成分のひとつであるのに対し、EPAは赤血球を柔らかくし、尚且つ血小板の過剰凝固を抑制する働きがあるので血管内の血液の流れをスムーズにします。
EPAは血液を健康な状態にする働きに優れていますが、DHAはその働きを完全にカバーできるほどの効果は持っていないとされています。EPAとDHAは互いに補いあうことで脳内の血管を健康に保っているのです。
DHAとEPAの体への働きがよくわかりましたね。
DHAとEPAを一緒に摂取することによって効果の幅が広がります。また、血流の促進、アレルギー予防、精神を安定させる作用などは、一緒に摂取することでその効果をより高めることができます。サプリメントを活用する際は、両方が含まれたものを選ぶことをおすすめします。

「リフレのDHA&EPA」の飲み方

水またはぬるま湯で1日の目安6粒を2〜3回に分けてお飲みください。
食後に飲むことをオススメします。

「リフレのDHA&EPA」の口コミ

仕事があまりにも忙しいため、まともな食事が取れなくてお肌も調子が悪かった時に同僚にリフレのDHA&EPAを勧められました。最初はその同僚からちょっともらってたのですが、飲むことによって体調の変化が著しく改善した感じがしたので自分で定期購入してみました。飲み続けたことによって仕事でのいいアイディアや新規案件の企画など、スムーズに作業できたように思います。
もちろん食べ物で補えればいいのですが、私みたいな面倒くさがりやにはリフレのDHA&EPAはバッチリあってます!これからも飲み続けようと思ってます。
40歳で妻と離婚して以来、自分で料理なんて今まであまりしたことなかったので外食やコンビニで済ませてました。それからのこと急激に身体の衰えを感じたので、何か良いサプリはないかなと気になっていました。物忘れもひどく、DHAを摂らなければなと思っていたのですが、その中で「リフレのDHA&EPA」を見つけました。色々と商品を調べてみると、かなりバラエティー豊かな栄養素が入っていると知り、即決しました。
小学生の時に母親に頭がよくなりたいんだったらDHAとEPAのサプリを飲んだ方がいいよと言われ、まあそのときは小学生なので親が言ってるんだったら毎日飲んでみようかな?と思ってそのときは飲んでました。大人になった私は、最近、物忘れがひどくなってきて、「あ。そういえば小学生の時に・・」なんて思い出してネットで調べて見た所リフレのDHA&EPAにたどり着きました。
体内では作られない必須脂肪酸を摂取することによって記憶力の向上や血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる作用があるから結果、脳に効くんだなと理解しながら飲むことができ、今では欠かせないサプリメントです。
DHAの配合量で選んで大正解でした!
生活習慣病が気になる年齢になってサプリメントを探していました。
リフレのDHA&EPAにした理由はなんといっても配合量ですね。
それと中性脂肪にサポートしてくれるのは本当にありがたいです。
このお値段で悩みをなくしてくれたリフレのDHA&EPAには感謝ですね!
成分をしっかり摂取できているので、自信を持って毎日を過ごせています。

「リフレのDHA&EPA」のよくある質問

DHAやEPAはたくさん摂取しても大丈夫ですか?
厚生労働省では1日1g以上の摂取を推奨しています。
欧州食品安全期間(EFSA)では1日5g、アメリカでは3gの摂取において特に問題ないとされています。DHAやEPAは、必要な栄養素であるために、一度大量に摂取するよりも、毎日こまめに1g(1000mg)を目標に摂取することをオススメします。
リフレのDHA&EPAには1日目安6粒にDHA・EPAの総量980mgを配合しています。
薬や他のサプリメントと併用しても大丈夫ですか?
お薬に比べるとごく弱い働きですが、血液サラサラに働きますので、血圧降下薬、抗血栓薬(ワーファリン)、抗血小板薬(バイアスピリン)などの服用される場合や通院中の方も、医師、薬剤師へご相談ください。
また抜歯、怪我、術後などの出血中の方は、止血が確認出来てからお摂りください。
アレルギーに関しては?
原材料:DHA・EPA含有精製魚油/ゼラチン、グリセリン、ビタミンE
こちらに食物アレルギーがある方はお召し上がらないでください。