1. TOP
  2. ウォーターサーバー
  3. 飲み水!料理に!次世代ウォーターサーバ『CoolQoo(クールクー)』

飲み水!料理に!次世代ウォーターサーバ『CoolQoo(クールクー)』

ウォーターサーバーと言えば携帯ショップ、病院の待合室でよく見かけますよね。
簡単に冷水、温水が出て、ろ過された綺麗な水がいつでも飲めるのはなんとも便利!
我が家にも欲しいなぁ…と思うものの、自宅でとなると場所を取ったり「飲み水のためだけにわざわざ…」と、ちょっと躊躇してしまう面も。
しかし最近は大型の床置きタイプのほか、コンパクトな卓上タイプも出ており、コスト面も改善され、昔に比べてずっと身近な製品になっています。

 

そもそもウォーターサーバーとは?

簡単に言うと、いつでも冷水、温水が飲める・使える給水&給湯専用の機器です。
メーカーによって水の性質は違いますが、総じて言えるのは水道水より安心、安全であること。
美容健康のためはもちろん、赤ちゃんのミルク作り用に利用されている方もいます。

宅配水(ボトルタイプ)から乗り換えた人の97%が満足!

これだけ便利なウォーターサーバーなので、たくさんのメーカーから出ています。
あまりにも多すぎて、調べるだけで大変、結局どこがいいのか分からない…と断念した方も多いのでは?
この『クール・クー』は、別メーカーから乗り換えた人の多くが満足と声を寄せている”次世代の”ウォーターサーバーなのです!

クールクー

クール・クーの特徴

なんと自宅の水道水が、簡単にピュアウォーターにろ過出来ちゃうんです!
主流のボトルタイプと違い、クール・クーは一切ボトルを使用しないので、空きボトルの廃棄・回収の手間はなく、また注文や在庫保管の煩わしさもなし!だから、とっても楽ちん!
カルキやウイルス、放射線物質などの不純物をほぼ100%除去してくれるので、小さいお子さんやペットがいるご家庭でも安心して飲むことが出来ます。
クール・クーは日本製の「ROろ過フィルター」を使用しています。
このROろ過とは海水を真水に変えてしまうほど優れたろ過技術と言われています。
だから、クール・クーを設置する事で自宅の水道水が簡単にピュアウォーターになる、と言うわけなのです!

より鮮度の高い水

ROろ過技術は、他の宅配水でも使われている技術です。
となると、鮮度に違いがないのでは?と思う方もいるはず。でも、実際に口にするまでの時間に大きな違いがあり、それが鮮度にも関わってくるのです。

宅配水の場合

プラント内でROろ過→注文があるまで倉庫等で保管→配送&自宅保管→飲用

クール・クーの場合

自宅でROろ過→飲用
これを見れば、いかにクール・クーが新鮮な水であるかが分かりますね!
ROろ過された水は殺菌成分も除去されるので、保管期間が長ければ長いほど雑菌が増える危険があります。
毎日の飲み水はもちろん、お米を炊く時やお味噌汁などのお料理に、新鮮で美味しい水を気兼ねなく使えるのは何とも嬉しい事です。

クールクー

実際使用している方の口コミ

H さん


以前使っていたのは重たいボトルを詰め替えるのが大変でしたが、クールクーはボトルがなく詰め替え作業がいらないので、とても楽です。
水の味も美味しくて、毎日の料理にも大活躍してます!

佐々木 さん


設置費用は別でかかるものの、定額で飲み放題なので結果的に家計が楽になりました!
水代で5,000円以上浮いたのは、正直びっくりです(笑)

わたなべ さん


とにかく美味しい!喉をスーッと通る、飲み口の良さがお気に入りです♪
お味噌汁やお料理も美味しくなった気がする!

まい さん


子供が小さいので、水にもこだわりたいなと思いクールクーを使用する事に。
冷水も便利ですが、温水がすぐに出てくるのでミルク作りに大変重宝してます。
壁や水道管に穴を開けることなく施工してくださるとのことだったので、賃貸でも安心して依頼できました。
水道管からの延長チューブも目立たないようにしてくれるので、見た目も綺麗で満足しています。

気になる費用

ポンっと置けるボトルタイプと違い、クール・クーは水道管にウォーターサーバーを直結するので、設置費用(18,000円/税抜)がかかります。
ただ、この設置費用はキャンペーンを上手く活用すると実質ゼロになるので、気になる方はチェックしてみてください。
その他、月々サーバー代4,200円(税抜)が費用になります。
サーバー代が無料のメーカーもありますが、ボトル不要のクール・クーとは対象的に、お水をメーカーから買う事になります。(価格はボトル1本12Lの場合、大体1,200円前後が相場のようです)
1人1ヶ月で飲む水の量は平均で12.5Lと言われています。料理に使う場合は、その倍は必要と言ってもいいでしょう。
また、使い続ける上で重要なのがメンテナンス。
水だけを扱っているサーバーとはいえ、フィルターや給水部分は放置しておくと結構な汚れが溜まります。
個人でメンテナンスするのは難しいのでメーカーに依頼するのが一般的ですが、この場合多くは有料(5,000円前後)であったり、無料でも3年に1回という場合があります。
その点、クール・クーは有人メンテナンス及びフィルター交換は年1回、なんと無料!
こういった点からも、トータル的に見てクール・クーが安いという口コミが多いのも頷けます。
ちなみにクール・クーは床置き、卓上の2タイプがあり、いずれも費用は変わりません。

床置きの設置サイズ

幅29センチ、奥行40.5センチ、高さ111センチ

卓上の設置サイズ

幅29センチ、奥行40.5センチ、高さ45.6センチ

※卓上タイプの場合は床置きタイプより内臓タンクが小型化していますが、機能は全く一緒です。

設置方法

先ほどもちらっと触れましたが、クール・クーは水道管にウォーターサーバーを直結する方法で設置します。
そのため専門のスタッフが設置作業を行うのですが、大掛かりな工事は一切ありません。
水道管、壁などに穴を開けたりはしないので、賃貸でも気軽に利用出来ます!
さらに水道管から設置したい場所が離れていても大丈夫!
給水チューブを壁伝いなどに目立たないように延長して、希望の部屋にサーバーを置けます。
もちろん、サーバーを置くスペースは必要なので、そこだけは事前にチェックしておきましょう。

まとめ

ボトル不要の次世代ウォーターサーバー「クール・クー」は、衛生的で経済的!
自宅の水道水をピュアウォーターに変えられ、また空容器が出ないので環境に優しいというのも魅力的ですね。
冷水は4°Cと程よくひんやり、温水は85°Cなのでわざわざお湯を沸かさずともパッとお茶やコーヒーが淹れられて便利!という感想も多く見受けられました。

クールクー